あなたたちが互いに愛し合うこと、
これがわたしの命令である。(ヨハネ15.17)

Mr.Chisti Mehdi

Please do your best.

2017.2
◆交通事故にあいました
◇かれは交通事故で左足首を骨折しました。 大きな不安のなかで思い悩み、まわりが見えなかったのでしょう。 加害者の運転手は逃げてしまいました。
◇かれは応急手当を受けましたが、 手術のための費用や保証人の確保が必要でした。 費用はM神父が送金しました。そして、 かれの面倒を見てくれている教会関係者が保証人になりました。
◇かれは無事に手術を受けることができました。 しかし、歩けるようになるまで数ヶ月かかるでしょう。 そこにとどまり、そこで生活していくことを考えなければならないでしょう。
◇いっしょうけんめいに頑張っている姿をみて、 まわりの人たちも徐々に理解をしめしてくれると思います。 自分のおかれている場所で主に信頼することが大切です。 ◇兄弟姉妹の皆様、かれのために祈ってください。

2016.10
◆非常に困難な状況のなかで
◇みなさんも、バングラデッシュの首都ダッカで、 大きなテロにより日本人も含め20数人 殺害されたことが記憶に新しいと思います。
◇それ以降、クリスチャンに対する取締りも、 とてもきびしくなってきたようです。 かれは、昼間は隠れていて夜間に教会に行っています。 そこにも、親切な人たちはいますが、 教会や自分の家族に影響が及ぶことを恐れ、 支援などをすることができなくなっています。 あからさまにかれを排除するひとたちもいるようです。
◇兄弟姉妹のみなさん、かれのためにお祈りしてください。
†主イエス・キリストがかれを守り、かれの大きな夢をかなえますように!
Amen

2016.6
◆やっと帰国できました
Bangradesh
◇最近の苦しい生活
2・3年ほど前から、仮放免者の監視が強化されてきました。 仕事をしない条件で仮放免されていますので、生活のための 不法就労などで再収容される可能性が大きくなりました。
◇自国での冤罪が認められました
無実の罪を着せられ、日本に逃れ、難民申請をしていましたが、 無実が認められ、自国に帰ることができるようになりました。
◇6月21日(火曜日)深夜、かれはタイ航空(羽田発)の バンコック経由ダッカ到着で帰国しました。
◇M神父の祈りと祝福
出発ロビーでの別れのとき、M神父はかれの将来の夢と、 これからの無事な生活を祈願して、 両手をかざしてかれを祝福しました。 さようなら!

かれからのメール等で近況が分かりしだい掲載します。

2016.6
◆いろいろな人たちの支援
◇M神父の大きな援助
かれはM神父と牛久入管で知り合ってから10年ほどのあいだ、 M神父は毎月の生活費や突発的な経費などを支援してきました。 M神父はご自分の生活を犠牲にされ、人のために尽くされます。 いつも、よれよれのズボンとシャツを着ています。 くつも何年も履きつぶしていました。
ある日、葬儀会場で自分の靴を見て、まわりの靴と見比べて とてもみすぼらしく感じ、不快感を与えないためにやっと新調しました。 M神父のご苦労と苦しみはとても大きく、私たちには計り知れないものです。
◇支援グループの援助
「牛久入管問題を考える会」の人たちがよく面倒をみてくれました。 保証人や住所の提供、法律的な問題でもサポートしました。
◇カトリックグループの支援
さいたま教区「オープンハウス」の故.斎藤助祭
北関東医療相談会・アミーゴスの長澤助祭

◇ありがとうございました。

2015.2
◆運転中に自損事故を起こしました
◇バングラデッシュらしい風景です。
paint
◇厳格なイスラム教徒であった彼がM神父から洗礼を授かり、
クリスチャンとなって3年がすぎました。
◇運転中、かれは突然何も見えなくなり、中央分離帯に激突しました。
かれは全身打撲そして右ひじ脱臼と骨折で意識不明のまま病院に運ばれました。 しかしなんとそこの救急病院はかれが健康保険も無くお金も無いことを知ると、 包帯を巻いただけでかれをほうりだしました。
◇翌日、M神父は彼をMセンター病院につれていきました。
もう救急患者ではないのでやはり待たされることになりました。 別のクリニックから紹介状をだしてもらい、 事故から5日後にMセンター病院に入院することが出来ました。
◇その病院の職員のかたが金銭的な面で相談にのってくれました。
かれは任意保険があることを伝えると、保険会社に掛け合ってくれました。 おかげで、全額(今後の治療も含めて)保険でまかなえることになりました。
◇かれは手術を終え退院しリハビリにはげんでいます。
腕が満足に曲がらないので、自転車さえものれません。 移動にも不自由でなおかつほんの些細な仕事をすることもできません。 かれは今非常に辛く困難な状況に置かれています。
◇兄弟姉妹のみなさま、どうかがんばる力をください。

2014.11
◆がんばってチラシをつくりました
◇彼がベンガル語のチラシをつくりました。
bengari
<Click here>PDFファイルで表示します
11月30日(日)カトリック高崎教会で、NPO法人北関東医療相談会主催の 無料健康診断と無料法律相談が開催されます。
◇このNPO法人は、お金が無く、健康保険もない人たちの命をささえるために、
おおきな犠牲をささげております。
Cさんは何かの役に立つことができて、うれしそうで誇らしげでした。

2014.7
◆がんばっています
◇かれはいまがんばっています。
でも先の見えない不安でいっぱいです。
◇かれは2年前に群馬県のある会社に仕事があるからとさそわれ、 その近くの格安の家を借りて引っ越していきました。 しかし、すぐに会社から仕事を断られました。 会社はかれが仮放免者であることは、はじめから知っていました。 仕事があるからとうれしそうだったかれは、 突然すべてを失いました。
◇それから、かれは同居している仲間たちとの苦しい生活がはじまりました。
仲間の一人のFさんは呼吸器不全で、いつも吸入器を持ち歩いていました。 その吸入器を維持するために、健康保険が無いのでお金がかかりました。 そしてFさんは1年前に呼吸困難となり亡くなりました。
そんなかれらをかげながら支えてくださったのは、 さいたま教区のN助祭さんでした。 ほんとうにありがとうございます。
◇今年の1月ごろ、
かれは「NGO牛久入管問題を考える会(牛久の会)」のH婦人の支援で、 つくば市のアパートに住むことになりました。 そしてM神父やわたしたちとときどき会えるようになりました。 わたしたちはとてもうれしかった。
◇かれは荷物運搬の運転助手の仕事があるといいました。
いまは見習い中で、社長さんから 食事代とガソリン代で¥2000円支給されるだけと言っていました。 わたしはそれはおかしい、会社の搾取ではないかと思いましたが、 かれがそれでもがんばっているのをみて応援しました。
しかし見習い期間が終わるころ会社を辞めさせられました。 やはり、会社ははじめから全てを知っていながら、 Cさんの優しい性格を利用し、ダダ働き同然で仕事をさせ「クビ」にしました。
なんとおぞましいことでしょう。
わたしはおなじ日本人として、このような弱い立場の人たちを利用して、 金もうけのことだけ考えている人がいることがとても悲しく哀れです。
◇それでも生活のために
かれはいま家具組立の手伝いをしていますが、 やはりいま見習い期間で1日¥2000円だそうです。 また同じ目に会わないように、仕事が続けられますように祈るだけです。
◇仮放免者は就労を規制されていますが、 日本政府はかれらにどうやって生きろと言うのでしょう。
生活保護も健康保険も受けられないかれらに、 ある程度の生活支援を考えないのでしょうか。
就労による収入に上限を付けるなどの慈悲は無いのでしょうか。
仮の住民票などを発行できないのでしょうか。
日本政府のこころあたたまる対応を願わざるを得ません。
◇M神父はかれらの支援をしております。
大きな犠牲をはらい、かれらの生活支援を続けるために、 いま財政的困難に直面しております。
どうか、みなさまのあたたかいご支援(ご寄付)をお願いいたします。 「牛久の友の会」のブログを見てください。
Friends of Ushiku
<Click here>ブログが開きます
ありがとうございます。

2014.1
◆つくば市にやってきました
◇群馬でいろいろつらい思いをしてきたCさんが、 やっと、「Uの会」H婦人の支援により、つくば市のアパートに引っ越してきました。 2階のワンルームですが、 以前住んでいた旧い民家に比べると天国のようだとも言っておりました。
◇いま、 いろいろな必需品を「Uの会」のひとたちや友人たちからもらい集めております。 冷凍食品などをもらっても、どうしても電子レンジがないと食べられないので、 引越し祝いに家電量販店で5000円程度の電子レンジをプレゼントしました。 電子レンジを使うのは何十年ぶりだと感慨深そうでした。
◇私たちの教会にバイクで来れる範囲におりますので、 これからまた楽しくなりそうです。

2013.2
◆彼と仲間たち
◇彼らは格安家賃のとても古い一軒屋を借りて、5人の仲間たちと住んでいます。 彼らはバングラデッシュ、インド、スリランカの人たちです。
みな仕事がないので、 たまにある日雇いのほんのささやかな収入をわけあって生活しております。 電気やガスまで止められたことがあるそうです。 また、食べ物はお米だけしかないときもあり、 ご飯を炊いてそれだけ食べたときもあるそうです。
◇彼らの一人のHさんは、呼吸器系の病気があり、 発作がおきると吸入器が必要になります。 その吸入器の維持だけでも費用がかかります。
非常に具合が悪くなると入院が必要ですが、 健康保険の対象外のため高額な治療費がかかるので、 あきらめなければならないときは、 家の中で苦しみに臥せっているしかありません。
◇みなさん、このように身近で苦しんでいる外国人たちがおります。 彼らは大変な思いをして必死に日本で暮らしております。 仮放免者であるため住民票はなく、管轄市町村の生活保護を受けることもできません。 彼らのほとんどは、とてもひかえめで、ものしずかなひとたちです。
彼らを見かけたら、やさしくほほえんで、手を差し伸べてあげてください。

2012.8
◆ちょっと、さようなら
◇バングラデッシュのCさんは、近々、群馬県に転居されます。 そこで、同じ仮放免の人たちといっしょにアパートの一室を借りて、 住まわれる予定です。
そして、いままでおせわになってきたM神父より、 洗礼を授けていただけることになりました。 ほんとうにうれしいことです。
これからはひんぱんには会えないと思いますが、 月に一度ぐらいはこちらに来られるかもしれないと言っておりました。
◇先の見えない苦しい生活をこれからも続けてゆかなければならない彼や、彼らに、 じゅうぶんには何もしてやれなかったことを、心苦しく感じております。
◇これからまだまだ暑い日々がつづきますので、無理をしないで お体に気をつけてがんばってください。

2011.5
◆彼について
◇彼は、頭脳明晰で日本語や英語もとても上手に話します。 難民申請は認められず、国に帰ると民族的・政治的争いがあるので、 殺されてしまうかもしれず、またそこに両親兄弟や親類がいるので、 帰ると迷惑がかかると言っておりました。
◇おだやかで、話が好きな人です。まだ30代と思いますが、 牛久に収容されていたときのショックのためか、髪の毛が全部抜けてしまいました。 公然と仕事をすることも出来ないため、何がしかの援助と、わずかな仕事で、 がんばって生きております。 そして、いつ拘束されるかわからないとも言っておりました。 とても不安な状況です。
◇思うには、オーバースティ等の非正規滞在者は、悪事を働いたわけではないのです。 スピードオーバーの交通違反のようなものだと思います。 生きるためには衣食住が必要ですし、 そのためには、お金を稼がなければなりませんので、入管法で”働くな”と言われたら どうすればいいのでしょうか? 限定的であれ、仕事の許可や生活補助をわが日本国にお願いしたいです。

Archive files of Provisional release party.